【審査合格!】Googleアドセンス広告の基本的な貼りかたは?

アフィリエイト

こんにちは!
シニアライフを探求するシニアブログのチム(@tikao2440)です。(^▽^)

 

2019年3月にブログ初めて右往左往しながら記事を書いてきました。

これまで何かとアドセンス広告の申請に関しては、自分のブログが審査内容に相応しくないブログと感じていましたので申請が遅れてしまったのですが、今回、思い切って申請したところ、2、3日で合格の通知をいただきましたのでその喜びも含め報告したいと思います。

 

広告

申請ブログの内容と合格理由?

途中、無料ブログでアフィリエイトを開設したり、メルマガを手当りしだい受信したり、アフィリエイトに関するサイトを検索しまくってきました。

当然アドセンス広告についてもいくつものサイトを検索しました。

私が一番難しく感じたのは、「あることに特化したテーマ」を決めて記事を書くことでした。

分からないこと、悩んでいることに対する回答記事は、「専門家でないがぎり書けないのではないか」というのが頭にあったからです。

そうゆうのって悩んだからといって書けるものではありません。

これから私が迎える年金生活の体験と遭遇する問題を課題に20記事を書き上げ今年、3月17日頃に申請、20日に審査通過のメールが届きました。

1年で20記事、テーマも広範囲、正直、再審査の通知が来て、その駄目な理由に意識がありました。なので唖然としました。

考えてみると、1年で20記事、コレは投稿日を設定しなおす事で1ヶ月20記事にできるし、記事内容も広範囲ながらも「シニアに特化したテーマ」ということで功を成したのであろうと推測します。

「オリジナル記事」をいかに書き上げるか

参考にしたサイトでも、たとえ日常の他愛ない出来事も書き方次第で、ただの日記から読者の役に立つ記事あるいはオリジナル記事になる得ると..。

 

私は今現在67歳ですが当然、同世代の60歳代から80歳代までの年齢層に記事を読んでいただきたい人達です。記事内容によってはその年齢層のターゲットが絞られます。
しかし、主軸は、お小遣いを稼ぐ、健康、楽しみ、生きがいなどで他のブログと競合になるキーワードです。

同じキーワードの解決法や指導法は、どうしても同じ内容の記事になりかねません。

   

今はまだ、理想のオリジナル記事にはほど遠いかもしれませんが、自分だけの思考、
自分の体験、記事のデザイン、語り方を工夫して記事を書き続けることが大事だと思っていますし、書くごとに工夫していけば、オリジナルな記事になっていくのかな..
と思います。

又、今この時期、コロナウイルスで大変です、外出自粛ムードの中、先月亡くなられた偉大なコメディアン志村けんさんのyoutubeを観ています。記事内容にもよりますが、
その笑いを少しでも文章で表現できるようになりたい、その思いです。

 

アドセンス広告の効果的な貼り方

基本、収益は二の次で、オリジナル記事を書く、読者の疑問を解決する記事を書くことに集中したいところではありますが、記事が増えてから後に書き直す手間を考えると事前に正しい知識を先に身に着けておいたほうが無難です。

ワードプレスの仕組みやテーマの基準も各々違います。そこにアドセンス広告が入ってくると又そのベストな住み分けを考えなくてはならない。

最低でもルール違反しないようアドセンス広告を貼るために、基本知識を押さえておきます。

 

広告貼付けのルール
最初は、貼り付けの位置のみ指定、自動広告を選択して行いますが、細かなルールに関しては以下の点につき、adsenseの広告掲載に関するポリシーを随時理解を深めたいです。

・誤クリックの誘導
・広告の不自然なアピール
・誤解を招く見出しの下での広告配置
・スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを配置したサイト レイアウト
・画像と広告の並列配置
・広告フォーマットに似せたコンテンツ
・報酬の提供
・広告と Flash ゲームの間隔

 

広告の種類
アドセンス広告には、7つの種類がありますが、先述のとおり自動広告のみ設置しました。

レスポンシブ広告
    ディスプレイ広告⇒万能タイプの広告
    ・リンク広告⇒テキストリストで表示
表示する画面の大きさに合わせて、広告のサイズや表示を自動で変更してくれるタイプの広告です。

ネイティブ広告
    ・インフィード広告⇒関連記事やおすすめ記事などのフィードと呼ばれる
     部分に挿入される。
    ・記事内広告⇒コンテンツ内段落と段落の間に設置できる
    ・ 関連コンテンツ広告⇒サイト内の関連するコンテンツとアドセンス広告を
     一緒に表示。
「サイトのコンテンツに自然と溶け込むように作られた広告」のことです。

自動広告
上記広告の種類を、サイト内に1つコードを追加するだけで、自動で設置してくれる。

オーバーレイ広告
    ・アンカー広告⇒画面の上部、もしくは下部に表示される広告。
    ・モバイル全画面広告⇒モバイルサイトのみでページを離れるときに表示
     される。
モバイル端末に用いられる広告で、画面上に重なるように別画面で表示される広告
です。

どの広告が収益効果があるか無いか、サイトによってその判断は違いますが、あくまでも私のサイトでの違いを今後検証してまいりたいと考えます。

広告の配置
設置場所は4ヵ所
1.記事タイトル下
2.記事中
3.記事下
4.サイドバー上

 

まとめ

ここ数週間のpv数やクリック率をみると、なるほどこれからが本番なんだと感じさせられます。 記事数もなく、コンテンツ内容も浅いので、その辺を充実させる努力をしていきたいと思います。

ただ、アドセンス申請と合格は、ルール違反で無いかぎり、多数のサイトで解説しているほど難しいものではないということを申し上げておきたい。

難しいのは収益をあげることなんですね。

コメント