給湯器(風呂釜)の寿命?自動給湯・追い炊きもできない!

シニアの暮らし

こんにちは!
シニアライフを探求するシニアブログのチム(@tikao2440)です。(^▽^)

新築時2003年11月に設置した浴室用給湯器(風呂釜)が昨日、このような状態になりました。
「運転スイッチを入れて、お湯張り若しくは追い炊きしても暫く燃焼ランプが点灯するも、20秒位で液晶画面が消灯、コード「710」だけが点滅する。」

修理して復旧するのか、給湯器の寿命なのか復旧するまでの経緯を書きます。

広告

給湯器点検と交換見積り依頼

施工業者2社に、交換した時の費用の見積もりと毎月検針員が来ている東京ガスに故障原因と修理の可能性の依頼をメールと電話にて依頼しました。

冒頭、述べましたエラーコード710は、給湯、給水の電磁弁に関する不具合とのこと、電磁弁のメンテナンスで回復するのか、電磁弁の交換になるのか、はたまた給湯器本体の交換になるのか、いずれかになるわけですが、メンテナンスで復旧してほしいと願うばかりです。

電磁弁のメンテナンス編

「できる!シリーズ」〜電磁弁のメンテナンス編〜

電磁弁に関するレビュー記事は少なく、不具合の状況は違いますが、このような記事があります。

給湯器のたし湯ができない電磁弁の故障を交換した費用

東京ガスさんは、本日13:00~19:00の間に来宅するそうです。予定を変更して待ちます。
12:30に東京ガスの作業者の方から本日17:00頃に伺いできる旨連絡入る。

   給湯器

   浴室

17:00時前に来宅、点検結果、給湯器内の3本の電磁弁が老朽化、機能しなくなっていました。
電磁弁のパーツ在庫が無いため修理は不可能とのことでした。
なので後日、給湯器の取替え見積書をメールにていただくこと依頼申し上げました。

給湯器交換工事費用

給湯器交換は、故障時期の経過年数と修理費用との比較だと思います。

概ね本体の寿命は、8年目には使い物にならなくなったケース、20年近く何の問題も無く使い続けたケース、各様だそうです。故障無く15年使用できれば御の字です。
我が家は、17年経ちますので交換時期ではありまが、修理費用と見比べになります。

【参考例】
給湯器の価格は、A社 製品XX-XXXXXXX-X XX
希望小売価格:             ¥347,000(税抜価格)83%OFF ¥59,000
マルチリモコンセット(台所・浴室)                          ¥18,000
施工費用                                  ¥45,000~¥50,000
                                      ¥127,000

※メーカー保証は2年なので、給湯器、工事共に10年保証をとりつける

給湯器本体の値引きは、各サイト70%OFF~90%OFFの範囲でセールしてますが、大量に仕入れられる業者の違いはあるのかと思います。メーカーの本体価格と割引価格の違いが謎です、この辺りは在庫処分による値引きでしょうか。

施工費用は、素人が思うところ、エアコン設置費用が2万5千円前後なのでエアコンと室外機を2台取り扱うことを考えると2倍近く高いと思います。この差はどこから来るのでしょうか!?

施工業者の選択と施工

メールで依頼した3社の見積もりを比較して、施工業者を決めます。
見積書3社出揃いました。全て今の給湯器をそのままの状態で交換する費用です。

    A社    125,000円
    B社    140,000円
    C社  200,000円

特に事情がなければ、A社に発注することになります。

まとめ

一戸建のシニア夫婦の住まいは、メンテナンス費用が予想以上に掛かります。
晩年のメンテナンス費用が如何ほど必要か、賃貸に入居した場合の家賃の総額は如何ほどか、
今、自宅を売却すれば如何ほどか、何を一番優先すべきか、終活の人生設計に折り込む必要が出てきます。