定年退職後の65歳からどんな生活設計を立てれば良いのか?

シニアの暮らし

こんにちは!
シニアライフを探求するシニアブログのチム(@tikao2440)です。(^▽^)

あなたは、定年退職後の生活をどう過ごしたいか、決まっていますか。

とりあえず、2、3年は、長年働いてきたのだからゆっくりしよう、好きなことをしようと漠然としている人が大半ではないでしょうか。定年後も70歳、75歳まで雇用してくれる会社の場合、あるいは充分な預貯金がある人は別としても、65歳以降積極的に雇ってくれるところはありません。

できるだけ早いうちにどんな生活設計を立てれば良いのか?考える必要があります。
この記事は其の手助けになればと思い書いています。

スポンサーリンク

お金の収入と出費の把握

現職時は、毎月決まった給与が入り、細かく出費の内容を管理してはいなかったと思いますが、年金だけになるとそれまでの給与収入には及びません。

コレまで以上に出費を抑えないと赤字に突入することになりかねません。丁度高速道路から一般道路に降りたときのスピードの感覚と同じようなものです。

スマホのアプリ(家計簿)やパソコンを使って、月毎の通常発生する出費と洪水、地震などの災害、臨時に発生する出費を把握しましょう。スマホの画面では見難いと言う方は、インターネットに特化したgoogleのchromebookをおすすめします。ウイルス対策は不要ですし、あなたを煩わせることなく自動でアップデートされます。

65歳からの収入源確保の選択肢3つ

65歳とは会社の線路からはずれて、自分の人生の線路を作らなければならない時期なのです。

65歳から70歳までは健康も兼ねて働きましょう。働き続けることで健康も社会との繋がりもコミュニケーションも生甲斐も同時に得ることができます。

一つ目の優先順位は、雇用延長ができる会社であれば、当然、給料が下がっても志願すべきです。いままでの慣れた職場で、スキルを生かして働けることは最高です。

二つ目は、シニア向きパート、アルバイトを探します。ビル管理人やスーパーの品出し、梱包や仕分けの軽作業、清掃、警備員など身体的に支障がなければ人手不足のおりバイト求人サイトを閲覧すれば結構あります。パート、アルバイトであれば就業時間も勤務日数も選択できますので余裕を持って生活できます。

三つ目は、起業することです。現職時にできなかった、もしくは以前からやってみたかった事業、あるいは新たにアイデアを実行に移してみたいことなど、仮に失敗しても年金生活が崩壊しない規模の起業であれば生きがいにも楽しみにもなりますので挑戦して欲しいものです。

体力と精神力の自己管理

人それぞれ違いますが、概ね60歳頃から身体の衰えを感じるようになります。

私は、67歳にして50肩をわずらいすぐに直るだろうと高を括っていたのですが、整形外科に通い始めてから早半年近くになりますが、まだ直りません。身をもって老いの怖さを感じています。

雇用延長やパート、アルバイトになれば勤務条件も選択できます。空いた時間を筋力を維持する筋トレや運動に割くことをおすすめします。また、外出せず自宅に籠もりがちな人は、体力の衰えと共に精神的にもネガティブになり、将来引き籠り状態に陥る可能性があります。

元気なうちに、70歳頃までに自己管理できる、新しい生活のリズムを作らなければなりません。
身体的に筋トレや運動はできない人でも、シニアの軽い運動は自宅の室内運動でも充分できます。

ストレッチ、サイクルマシン、ルームランナー身体状況に応じて選択すればいいと思います。
私は、下半身が弱いため一般人と同じ運動はできませんが、サイクルマシンを漕ぐようにしています。

膝にも負担かけず、強い力で漕ぐ必要はありません。足を動かすことが血管のポンプの役目をはたし体全体の血液が循環するのです。

身体と精神は表裏一体です。どちらが弱っても幸せな老後を過ごすことはできません。

また、いつ何時病気に苛まれるか誰も予想できないので、健康診断、人間ドック、歯のメンテナンスはしっかりと受診しておきましょう。

円満な夫婦関係の維持

コレまで65歳からの楽しい老後生活は、収入の確保と体力と精神力と書いてきましたが、其の上に最も大事なことが円満な夫婦関係の維持に努めることです。

現職時代、妻の支えに感謝したことがあっただろうか、子供が巣立ち、定年まで勤めあげられた裏には妻が家庭を支え続けた結果であります。家庭の細かなところには男は無頓着です。

これから新しい生活設計を立てる上で、今後どのようにして円満な夫婦関係を維持していくか、あなたの妻が一番喜ぶことは何か、嬉しく思うことは何か、考えて欲しい。

私は、家事が苦手ですが、浴室の清掃、建物のチョットした補修、食事の手伝い、買出しの送り迎えをしています。最近は、一緒に楽しく食事を作って、楽しく食べることにチャレンジしています。

私が寝込んだ場合、何の問題もありませんが、妻が寝込むといつもの生活がままなりません。
老いてゆけば老いてゆくほどこの問題は大きくなります。
其の準備をしてゆかねばならないのです。

夫婦のあり方は多種多様だと思いますが、基本的な思いは変らないと思います。
  

まとめ

 65歳からどんな生活設計を立てれば良いのか?

 第一に収入源を確保すること第二に体を鍛えて体力を維持すること第三に老後を楽しく生きるための精神力を維持すること第四に円満な夫婦関係を維持することです。

 

 

コメント

  1. 英雄故事 より:

    こんばんわ
    ランキングから来ました
    お金も大切だがやはり元気でないと
    辛いですよね・・・