シニアがお腹周りのダイエットで7.5kg痩せに挑戦中!

健康

こんにちは!
シニアライフを探求するシニアブログのチム(@tikao2440)です。(^▽^)

ダイエット挑戦中の記事

この記事を投稿してから約1ヶ月経ちます。

今回は、ダイエットの効果と取り組みの状況について検証します。

スポンサーリンク

約1ヶ月で1kgの減量とは

運動後に水分を取らずに体重を計ると1、2kg位は直ぐに違ってきます。なので、
実質的に体重が1kg落ちたかどうかは疑問です。

甘糖間食の制限と運動が予定通りに実践できていないことが疑問に思う要因の一つです。

7.5kg計画
・1ヶ月1.5kgの減量 7.5kg/1.5kg=5ヶ月
・お腹周りのダイエット
・筋力アップ⇒基礎代謝を上げる

シニアがダイエットする目的と重要性

前述でダイエットを宣言しているにもかかわらず、1ヶ月を振り返ってみて反省すべき点が多く、私自身納得いかないのでここで再度、「シニアがダイエットする目的と重要性」について認識を革めたいと思います。

現役までは、通勤電車とバスを利用して毎日働きに出ていましたが、定年退職後は、車での買い物以外、出不精になっていきました。

現役時代、事務的にパソコンを使っていましたので、退職後にはパソコンをもっと使いこなしてネットで稼ぎたいという思いもありましたので、webプログラミングの勉強を始めました。

有料講座を第1講座から第10講座まで受講し卒業後はフリーランスとして収入を得るというものです。

当時はまだ、アフィリエイトとかブログということには左程興味はありませんでした。
1年ほど経過し受講中に疑問点をネットで検索することが多くなり、ここで私の思いは揺らぐことになります。

アフィリエイトとかブログで稼いでいる記事を読み漁ることが多くなり講座の方はストップしたままになっています。又、プログラミングを習得できてもフリーランスで仕事を勝ち取ることの難しさも感じています。

何時でも再開はできますが、今度はブログの記事を書き続けるというブログに挑戦していますので、100記事を達成した挙句に別テーマ(webプログラミング)で記事を書きブログだけは継続していきたいと考えています。

前置きが長くなりましたが「シニアがダイエットする目的と重要性において、ブログを書き続ける重大要素として、エネルギー、健康が関わってくる意味合いで取り上げました。

定年退職後、テーブルでパソコンに向かって2年半になります。今年の3月からは新型コロナウイルスによる外出自粛も相まって、運動不足と老齢から来る老いと50肩の患いなどで体調がおかしくなり最近は記事を書く気力が薄れていました。

昨年までは維持していた 64kgの体重も 67.5kgと大幅に増え筋力の衰えと相まって最近では歩くこともままならなくなりました。

年齢とともに衰えてくるものとは分かってはいたものの現実ともなるとその不自由さは計り知れないものがあります。なので、エネルギッシュに記事を書き続けられるように体力を維持し続けなければなりません。

現役時代は、体重62㎏を維持していましたので身軽に動ける理想の体重は私の場合、60㎏~62㎏です。シニアの老後の人生は健康との戦いと言っても過言ではないでしょう。

一部の健康な老人は別として何らかの疾病を発症するのが高齢者です。

私が、今回ダイエットに挑戦するのも減量そのものよりも、筋力を付け健康な体調を堅持することが目的で重要なことです。このことを肝に銘じてダイエット 7.5kg計画を実践する覚悟です。

ダイエットで護るべきルールの再確認

1.分かっちゃいるけど止められないお菓子と甘いもの間食を断つ

2.筋力を付けて痩せる⇒基礎代謝を上げるストレッチ、散歩、筋トレ、入浴

3.お腹周りのダイエット逆腹筋の正しいやり方

4.食べた量より多くのカロリーを消費する⇒摂取cal - 消費cal = +- cal